王朝のシンボル

琉球の事からダイビングまでさまざまなことを書いております。

有名な首里城は琉球成立以降の王国の中心で華やかだった王朝のシンボルです。現在までになんと4度も火事で失っており、今の建物は比較的新しく以前の建物を復元したものです。
青々としたサトウキビ畑や伝統的な沖縄の家があり、沖縄らしい空気感や景色に心が弾みます。「古宇利大橋」の上から眺める海は、死ぬまで忘れられないほど澄みきった青い海。
ただ遊ぶのではなく、マングローブ(海漂林)の詳しい生態や実は知らないサンゴの興味深い秘密のような事をレクチャーしてもらえる環境保護になって実用的な人気のツアーです。
大空から美ら海を見下ろせるおしゃれなパラセーリングや、リフレッシュできる本格派マリンスポーツで遊べるツアー。かかる時間も90分前後なので気軽にプレイできます。

 

ダイビングの専門家とは「ダイビングのステージが数多い」「ダイビングが巧み」と評価されているというだけではなることはでいません。
沖縄でシュノーケリングするなら外せない場所として名高い神秘的な「青の洞窟」と大小20ほどの島から成る「慶良間諸島」、2地点のシュノーケリングツアーの中身を専門サイトで働くスタッフが潜入取材してきました。
先日開かれた人気上々の夏祭りin那覇、力を振り絞ったエイサーダンサーをともに感動することができました!いつものお祭りはあの那覇市国際通りで年に一度実施されます。

 

初めて体験する人ばかりのダイビングなら、肩ひじ張らずに水の中をゆったり泳ぐことを体験できます。何の不安も抱くことない代わりに、潜れるポイントや潜れる深さや潜っている時間などに規制がありますが。何はともあれ実際にやってみましょう。
抜群の人気を誇る「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」だけではなく、水中で自分の好きなように酸素を吸いながらこれまでに見たことのないような模様の魚の群れと楽しむことが可能な初体験ダイビングも間違いなく満足いただけるものと思います。
シュノーケリングしてみて驚いたのは海の透明度!「ここってプールだったっけ?」と疑問を抱くほどなんでもはっきりと鑑賞できました。
水面下で静かに「中性浮力」の状態を保つことは、平安に水中を歩むためにも、サンゴの群生などの状況を妨げないためにも配慮しなければなりません。
沖縄のダイビングと言えば「青の洞窟」を、簡単なシュノーケリングで海中を見る一番人気のツアーです。一つ一つ丁寧な講習を受けていただいたら即お出かけ!白く光って見える海と神秘の洞窟をしっかりと楽しんでください。
海から上がれば陸地でもいつも強風の沖縄ですが、9月頃から2月頃までは殊更荒れ、海の上ではなおさら風にさらされますので、うっかり体調を崩してしまわないよう注意しましょう。
ダイビングを開始するにあたり、取り掛かりとしてダイバー用7点セットと定義されているスノーケル、マスク、フィン、更にはスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは購入した方が良いと思います。

 

ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風の力によって水上を動いていくウォータースポーツである。サーフボードを一回り大きくしてヨットのセイルを装備した物と説明すればピンと来るだろうか。


オススメリンク集は下記をご覧ください!!

沖縄体験ダイビングを青の洞窟で楽しめるショップシュノーケルやダイビングなどのウォータースポーツを青の洞窟でお楽しめ頂けます!